ティモとフラヴィア

ラップランド出身のティモは、フィンランド南部の街、ハメーンリンナに妻のパイヴィと犬のモスクと一緒に住んでいます。国立公園とワイルドライフ・サービス・フィンランドの博物館や展示会を管理する彼の仕事は、自然と密接に結びついています。

ティモは毎日自然の中で時間を過ごし、リラックスして、インスピレーションと活力を得ています。自然はピュアで、自分がそのままでいられる場所だと確信しています。7月中旬、ティモはプンカハルユでゲストを迎え、ボートでサイマー湖を楽しみます。この地域には、ビーチと澄み切った湖が楽しめるたくさんの島があります。

ティモのところには、イタリアのペーサロからフィンランドを初めて訪れるFlavia、Carlo、Giadaがやってきます。Flavia は小学校の先生で、イタリア語と英語を教えています。彼女は、Rent a Finnのことを兄 (Carlo) と彼のガールフレンド (Giada) から聞いて、3人で応募することにしました。

Flavia は自然愛好家で、トレッキングが大好きです。ずっとフィンランドに行ってみたいと思っていましたが、今まで機会がありませんでした。彼女は、フィンランド人が自然と深い結びつきをもっていることを知っていて、ティモと話すのを楽しみにしています。世界で一番と言われているフィンランドの教育システムの背後にある秘密も知りたいと思っています。

訪問日:2019年7月12~14日