Rent a finn logo

ハンナ

ハンナは、ITマーケティングが仕事ですが、旅行ビジネスの勉強もしています。フィンランドの自然とその魅力を旅行者と共有したいと強く願っています。彼女は、フィンランド南部の首都圏に住んでいますが、夏は群島でセーリング、冬はラップランドでスキーをしてその大半を過ごしています。そんな彼女は、フィンランドの様々な場所の自然や魅力について熟知しています。

ハンナは、波の音と美しい夕日が楽しめる海のまっただ中にある無人島で、幸せを感じます。

ハンナは、ゲストと一緒にヘルシンキから北へ車で2時間のアンサラハティにあるおばあちゃんの家に行こうと思っています。ラフナヤルヴィという小さな湖の隣にあるおばあちゃんの家と、そこでの生活様式から、フィンランドの歴史や伝統を垣間見ることができます。ブルーベリーを摘んだり、昔ながらのフィンランドのペーストリーを作ったり、湖畔のサウナを暖めたり、森をトレッキングしたりします。母屋の2階を自分たちだけで使って滞在できます。大人二人、さらに子ども二人まで宿泊できます。

2人まで滞在できます。
滞在できる日:2019年8月2~4日